歯並び改善で病気を防ぐ!審美歯科を活用する方法

歯が舌に触れている状況は危険です

歯並びが悪いと悩んでいる人の中には、歯の一部が舌に触れ続けている事も珍しくないのですが、その状態の危険性を認識している人は少ないです。ただでさえ舌で歯を噛みやすくなってしまいますし、舌が常に刺激を受け続ける事になると、それが舌癌を患う原因になりかねません。舌癌になると舌の一部を切除する事になり、喋る事も不自由になりかねないからこそ、審美歯科の進化した技術力によって、舌を保護できる歯並びを作り出しましょう。

全体的にバランスよく物を噛める歯を目指す

アゴの左右どちらか一方だけが、少しばかり出っ張って見えてしまっている人は、歯並びが原因でアゴの形が悪くなっているかもしれないと考えましょう。いつもアゴの片側だけを使って食べ物を噛んでいると、そちら側のアゴばかり鍛えられてしまい、アゴの片側が突き出した形になってしまう事もあります。奥歯の歯並びが悪い人の場合は、左右の歯でバランスよく噛んでいるつもりでも、片側のアゴにばかり力が加わりかねません。審美歯科で奥歯の形を綺麗にしてもらいましょう。

内側に曲がった歯は磨きにくい

歯磨きをする際に歯の外側ばかりを洗って、歯の裏側の洗い方が雑になってしまうという人が多いです。そんな方々の中でも特に注意をしなければいけないのが、歯が内側に向かって歪んでしまっている人で、歯の根元まで歯ブラシが届きにくくなっている可能性もあります。鏡を使っても歯の裏側をチェックしにくいために、虫歯の初期症状に気付けない事も珍しくありません。審美歯科の最新技術であれば、内側に歪んだ歯もスムーズに矯正する事ができるので試してみましょう。

セレックとは審美歯科の医療機器のことです。歯を撮影してコンピューターに取り込み修復物を作製するので、歯型をとって歯科技工士が修復物を作ることがなくなるので、短時間で安価に治療を終えられます。