たかが歯並びと侮るなかれ、よい歯並びで健康生活

矯正治療で健康になる?

矯正歯科では、不揃いな歯並びや合っていない噛み合わせを正しくする治療をおこなっています。矯正歯科を受診しようとする人のきっかけは、美容的な改善が目的であることが大半です。きれいな歯並びは、見た目の印象をよくするだけでなく、前向きな性格にもつながるといわれています。しかし、歯並びや噛み合わせの良しあしは、そうした外見やメンタルの面だけでなく、健康面にも大きな影響を与えているもので、矯正治療が健康の向上に役立つことが多くあります。

歯並びが悪いと、全身状態が悪くなる?

まず、歯並びや噛み合わせが悪いと、きちんと噛み切れなかったり、しっかり咀嚼できなかったりして、消化器官に負担をかけることになりかねません。また、噛む力が均等でなく自然に噛めないことで、顎の関節にも無理な負荷がかかり、悪い影響が出てきます。慢性的な不自然な力を使った噛み方が、首や肩の筋肉までを疲れさせ、肩こりや頭痛などが誘発され、全身的な体調不良につながることもあります。ほかにも、歯並びが悪いことで発音に支障が生じ、コミュニケーションに問題が起こることもあります。

歯並びが悪いと、口の中の健康もピンチ

歯並びが悪いと、口の中に食べ物のカスが溜まり易く、また、歯磨きもしにくくなることから、虫歯になるリスクが高くなってしまいます。また、うまく噛めないからといって噛む回数が少なくなると、口の中をきれいにしてくれる唾液の分泌量が減り、清潔を保ちにくくなってしまいます。そのため、口の中の汚れが、口臭や歯周病の原因となることもあります。もしも、見た目の良さに関心がなくても、歯並びや噛み合わせに気になることがあるなら、たかが歯並びと放置せず、矯正歯科で相談してみましょう。

三鷹の矯正歯科の選び方にこだわりたい場合には、歯科医師の学歴や経歴、治療方針などを確認することが良いでしょう。