血液クレンジング療法でエイジングケアしてみませんか?

血液クレンジング療法って何?

血液クレンジング療法は、40年以上も前にドイツで開発された治療法。オゾンと血液を反応させ、血液の代謝と免疫を活性化して身体を健康に導き、さらに老化防止への効果も期待できるものです。日本ではあまり認知されていない治療法ですが、ヨーロッパでは専門病院もあり広く知られています。イギリスのエリザベス女王の母上は、アンチエイジングのために週2回この治療を受けられていました。大病をすることなく101歳という長寿を全うされたため、亡くなられた時には、この治療法が大変注目を集めました。

血液クレンジング療法の基礎知識

血液クレンジング療法の施術はとても簡単。本人の血液を100mlから150ml採血しオゾンを投与。その血液を点滴で体内に戻すのです。治療の仕組みも単純で、オゾンには酸化作用があり、オゾンを投与され酸化された血液を体内にもどすことで自身の抗酸化力を高め、老化防止や健康改善が出来るのです。慢性的な疲労、冷え性、肩こり、頭痛などの不調には高い効果が見込めます。さらに、免疫機能を活性化してくれるので、心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化やガンの予防までお勧めの治療法なのです。点滴に必要な時間は約30分。健康増進のためならば、月に1~2度の治療が目安です。たった30分で、身体の不調を改善出来るってすごいと思いませんか。

血液クレンジング療法についてのまとめ

この治療の良い点は、自分の血液を使うので安全だということと副作用がないことです。治療中に使用する注射針や採血ボトルは使い捨てで、感染の心配もありません。しかも、短時間で身体の中を活性化できるなんて素晴らしいですよね。身体の不調を抱えているあなた、そして、アンチエイジングに効果的な方法を探しているあなた、血液クレンジング療法にトライしてみませんか。最後に、知っておいて欲しい注意点があります。甲状腺機能亢進症の方とG6PD欠損症の方は治療を受けられません。妊娠中の方も、安全を考えて治療を受けない方が良いと言われています。治療を考えられている妊婦さんは、治療を受ける前に必ずお医者さまに相談してくださいね。

血液クレンジングとは、自分の血を抜いてオゾンと反応させたあと、再び点滴で戻すというものです。老化防止やアンチエイジングとして効果があるといわれています。